下記Q&Aは、物件を賃貸して民泊を運営した場合を想定しています。

物件オーナーに損害を与えるケース

ゲストの過失により民泊施設が火災になり、賃貸建物が全焼してしまった場合は?
ゲストの旅館宿泊者賠償では支払は不可だが、事業者からオーナーへの賠償として旅館賠償(不動産損壊補償特約)として支払うが、賃借契約部分のみ(○)その他の戸室は(×)。
ゲストの過失により、壁に穴をあけ、物件オーナーから損害賠償請求された。
ゲストの過失にて旅館宿泊者賠償の対物事故として支払う(○)。ゲストが不在の場合(帰国した)、事業者の旅館賠償(不動産損壊補償特約)で支払う。(○)

第三者に損害を与えるケース

ゲストの過失により民泊施設が火災になり、隣家が全焼してしまった場合は?
火元に故意または重大な過失(ほとんど故意に近い著しい注意欠如)が認められる場合や、失火以外(爆発等)を原因とする類焼でなければ、失火法適用にて、隣家への賠償は問われず、当該保険ではお支払いは出来ません。(×)
ゲストの過失により、水漏れが起こり、階下の住人に損害を与えてしまった場合は?
旅館宿泊者賠償の対物事故でお支払します。(○)

ゲストに損害が発生するケース

ゲストの子どもが過失によりバルコニーから落ち、死亡した場合は?
施設管理・運営上の過失があれば、旅館賠償対人事故としてお支払します。(○)
ゲストが民泊施設所有のレンタルサイクルに乗り、交通事故に遭い、負傷した場合は?
これは民泊制度の敷地内でのリスクではありませんので、お支払いは出来ません。(×)
別途、自転車保険を手配して下さい。
民泊施設に泥棒が入り、ゲストの持ち物が盗まれてしまった場合は?
当該制度では、受託物賠償特約を付帯しておりませんので対象外となりお支払出来ません。(×)
民泊施設内で、ゲストが足を滑らせて転倒し、骨折した場合は?
事業者の旅館賠償対人事故としてお支払します。(○) 但し、施設の不備があるという前提条件となります。

事業者の物品に損害が発生するケース

ゲストが民泊施設内の芸術作品を盗み、連絡が取れなくなった場合は?
当該制度ではお支払出来ません。事業者が自ら火災保険を手配して下さい。(×)
ゲストの過失により、民泊施設内の芸術作品を壊してしまった場合は?
旅館宿泊者賠償の対物事故でお支払致します。(○)